5.55漆黒オオヌシの基本情報!釣り方とマクロ【速報版】

5.55漆黒オオヌシの基本情報!釣り方とマクロ【速報版】 ギャザラー

2021年5月25日のパッチ5.55で実装されたオオヌシの情報が明らかになってきたので、釣り方やマクロをまとめていきます。

オオヌシ釣りが楽になるコツを簡単にまとめてあるので、ぜひ活用してください。

レイクランドの5.55オオヌシ「リストラカントゥス」

レイクランドの5.55オオヌシ「リストラカントゥス」

リストラカントゥスは自分で釣ったので、ここに記載の情報は検証済のものが多いです。

詳しい釣り方は下記の記事に記載しているので、挑戦するときはぜひ読んでみてください。

5.55オオヌシ「リストラカントゥス」の簡単な釣り方とマクロ
2021年5月25日公開のパッチ5.55で追加された、レイクランドのオオヌシ「リストラカントゥス」の釣り方を解説します。リストラカントゥスを釣るために必要な「イモータルジョー」の簡単な釣り方とマクロも公開するので、ぜひオオヌシ釣りに役立ててください。

基本情報

  • 場所:レイクランド「ケンの島」
  • 時間:ET18~20時台【検証済】、ET17時台激振あり【検証済】
  • 天候:晴れ→霧○【検証済】、快晴→曇り×【検証済】、他不明
  • 直感:なし【報告あり】
  • エサ:蟲箱>イモータルジョー(!!!)泳がせ【報告あり】

イモータルジョーの条件:晴れ/快晴→曇り/霧 ET16:00~23:59

晴れ→霧の移ろいで釣れるオオヌシで、ヌシであるイモータルジョーを泳がせ釣りして狙います。

マクロ

/ac キャスティング <wait.19> 
/e 18秒 バイスジョー <se.7> 
/micon キャスティング

ケンの島には激振(!!!)で釣れるバイスジョーという魚がいるのですが、アタリまでの時間はかなり長め。

イモータルジョーはそれより早くかかるので、その差を利用して激振(!!!)をイモータルジョーのみに絞り込むマクロです。

コルシア島の5.55オオヌシ「アクアマトン」

コルシア島の5.55オオヌシ「アクアマトン」

基本情報

  • 場所:コルシア島「シーゲイザーの入江」
  • 時間:ET12~14時【報告あり】、他不明
  • 天候:晴れ→暴風【検証済】、他不明
  • 直感:6分、シャドウシフター(!!!)1+シェイプシフター(!)5【検証済】
  • エサ:ショートビルミノー【報告あり】

シャドウシフターの条件:晴れ/快晴→暴風 ET10:00~13:59 イカの切り身

シェイプシフターの条件:天候・時間条件なし イカの切り身など

2種類のタコで直感をつけるタイプのオオヌシ。

あらかじめシェイプシフターを釣って待機しておき、時間が来たらシャドウシフターを狙うといいです。

ET14時台に釣れたSSが結構あるのですが、分が早めのものばかりなので13:59までにキャストしないとダメな可能性はあります。

天候が暴風から変わった後に直感をつけてトライした報告はないので、そのあたりは未検証です。

マクロ

/ac キャスティング <wait.17> 
/e 17秒 シェイプシフター <se.7> 
/micon キャスティング

シェイプシフター(!)はアタリまでの時間が長く、時間がかぶる魚が強振(!!)のミンストレルフィッシュしかいないので、上のマクロで特定できます。

ダブルフッキングで2匹釣れるので、マクロが鳴った後の弱振(!)でダブルフッキングをすると効率よく釣れます。

その後にセイムキャストを使うのもいいですね。

アム・アレーンの5.55オオヌシ「サプライズエッグ」

アム・アレーンの5.55オオヌシ「サプライズエッグ」

直感の条件「サンドエッグ」10匹の釣り方とマクロはこちら。

サプライズエッグの直感条件「サンドエッグ」の簡単な釣り方とマクロ
パッチ5.55のオオヌシ「サプライズエッグ」の漁師の直感の条件「サンドエッグ」を10匹釣る簡単な方法を解説。釣り方に加えてマクロも紹介します。みんなでたまごを釣ってサプライズエッグの条件を調べよう!

基本情報

  • 場所:アム・アレーン「砂の川」
  • 時間:不明
  • 天候:不明
  • 直感:6分、サンドエッグ(!)10【検証済】
  • エサ:不明

まだ釣果報告は見かけていません。

釣り方の情報も直感以外は明らかになっている気配がないので、あまり来ていない天候が怪しいような気はします。

砂海なのでエサはデザートフロッグかオヴィムジャーキー、もしくはミズカキスナヤモリかツノカブリの泳がせといった選択肢があります。

マクロ

/ac キャスティング <wait.8> 
/e 8秒 サンドエッグ <se.7> 
/micon キャスティング

砂の川でデザートフロッグを使用した場合、8秒以内にアタリがあるのはサンドエッグ(!)かビランクラブ(!)のどちらかです。※再検証中

どちらも弱振(!)なのでブラインドダブルフッキングはできませんが、他の魚はアタリがこれより長いので、マクロが鳴ったらフッキングで竿をあげてしまえばエサや時間の節約になります。

直感をつけるときに使ってみてください。

イル・メグの5.55オオヌシ「イラッド・スカーン」

イル・メグの5.55オオヌシ「イラッド・スカーン」

基本情報

  • 場所:イル・メグ「姿見の湖」
  • 時間:不明
  • 天候:不明
  • 直感:不明
  • エサ:不明

現状で最も情報がないオオヌシです。

直感がつくという話も聞かないので、神々の愛のように天候や時間の条件が厳しいのではないかと推測されています。

マクロ


情報がないので、マクロもまだ作成していません。

ラケティカ大森林の5.55オオヌシ「ロンカの大水蛇?」

ラケティカ大森林の5.55オオヌシ「ロンカの大水蛇?」

ロンカの大水蛇?は自分で釣ったので、ここに記載の情報はほぼ検証済です。

釣り方の詳細は下記の記事に記載しているので、挑戦するときはぜひ読んでみてください。

5.55オオヌシ「ロンカの大水蛇?」の簡単な釣り方とマクロ
ラケティカ大森林のオオヌシ「ロンカの大水蛇?」の釣り方とマクロです。泳がせ釣りに必要な「クラウンテトラ」の簡単な釣り方も説明しているので、ぜひオオヌシ釣りに役立ててください。

基本情報

  • 場所:ラケティカ大森林「トゥシ・メキタ湖」
  • 時間:ET10:00~11:59【検証済】、以降は不明
  • 天候:なし
  • 直感:なし
  • エサ:ロバーボールなど>クラウンテトラ(!)>エリオプス(!!)>ロックワの衛士(!!!) 泳がせ釣り

泳がせ釣りで釣るヌシのロックワの衛士(!!!)をさらに泳がせ釣りして釣るオオヌシです。

天候条件や直感はなく、毎日この時間帯に通えばちゃんと釣れます。

ロックワの衛士がとても逃げやすいので、クラウンテトラを効率よく釣って何度もチャレンジしてみてください。

マクロ

/ac キャスティング <wait.9> 
/e 9秒 クラウンテトラ <se.7> 
/micon キャスティング

このマクロを使う場合は、エサをロバーボールにしてください。

トゥシ・メキタ湖でロバーボールを使って釣った場合、9秒以内にかかるのはクラウンテトラ(!)とイエローピピラ(!)の2種類のみです。

マクロが鳴ったらキャスティングで竿をあげてしまえば、エサや時間の節約になります。

テンペストの5.55オオヌシ「ミズウオ」

テンペストの5.55オオヌシ「ミズウオ」

基本情報

  • 場所:テンペスト「キャリバン海底谷北西」
  • 時間:ET0~1時台【報告あり】、他不明
  • 天候:晴れ→曇り【報告あり】
  • 直感:12分、モラ・テクタ(!!!)2【検証済】
  • エサ:イカの切り身【報告あり】

かなり逃げやすいヌシであるモラ・テクタを2匹釣って直感をつけるタイプのオオヌシです。

報告数が少なく晴れ→曇りのものしか見かけないので、移ろいもあると考えられています。

直感が長いことから0時台や1時台は釣れないのではないかという予想もありましたが、SS付きで報告があるので時間による制限はそこまできつくなさそうです。

ただし1回の晴れでモラ・テクタを2匹釣るのは難しいため、事前に1匹釣っておいて本番の移ろいに挑むほうが確実だと言えます。

もしかしたら一番の難敵かもしれません。

マクロ

なし

モラ・テクタはマクロで釣りやすくなるタイプのヌシではないので、黒風魚をトレードリリースして撒き餌を使うのがいいかと思います。

まとめ:5.55の漆黒オオヌシはマクロで釣りやすくできる

5.55の漆黒オオヌシには準備が必要なものも多く、マクロを使って効率的に直感をつけたりできれば釣りやすくなります。

トレードリリースなどの漁師アクションを活用するのも大事なので、GP管理もあわせて頑張ってください。

また5.55オオヌシを釣るためには「魚類伝承録:ノルヴラント」が必須なので、まだの方は忘れずに取っておきましょう。

最後に、需要があるかわかりませんがオオヌシ釣り用マクロを全部ひとまとめにしたマクロを置いておきます。

/ac キャスティング <wait.7> 
/e 7秒 サンドエッグ <se.7> <wait.2> 
/e 9秒 クラウンテトラ <se.7> <wait.8>
/e 17秒 シェイプシフター <se.7> <wait.2> 
/e 19秒 バイスジョー <se.7> 
/micon キャスティング

 

タイトルとURLをコピーしました