ハイコーディアル

ギャザラー必須アイテム「ハイコーディアル」が足りないときに読む2つのポイント

「漆黒のヴィランズ」への拡張や新パッチに伴って、ギャザラーで金策をする人も多くなりました。

ギャザラーをやるうえでコーディアル系アイテムは必須だといっていいですが、「ハイコーディアルが足りない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ハイコーディアルが足りないという人のために、ハイコーディアル稼ぎの方法やハイコーディアルを節約する方法を紹介します。

ハイコーディアルを稼ぐ方法はギャザラースクリップ:黄貨

ハイコーディアルはリキャストが3分GPが400回復するアイテムで、GP回復効率としては現存するアイテムで最強です。

しかし、ハイコーディアルはクラフターの製作で作ることができず、マーケットでの取引も不可なので、入手方法が限られてきます。

ハイコーディアルを稼ぐ主な方法は、イディルシャイアやユールモアなどにいるNPC「スクリップ取引窓口」で、ギャザラースクリップ:黄貨20枚と交換することです。

つまり、ハイコーディアルをたくさん稼ぐ=ギャザラースクリップ:黄貨を稼ぐ、ということになるのです。

ギャザラースクリップ:黄貨は、毎週できる「お得意様取引」や、「ロウェナ商会取引」で稼ぐことができます。

5.0のギャザラー金策で使える未知・伝説の白貨蒐集品スキル回し

ハイコーディアルを節約する方法

クラフター製作ができないハイコーディアルの代わりに、他のコーディアル系アイテムを使ってGP回復するという方法もあります。

コーディアル系アイテムにはハイコーディアルの他に、「コーディアル」と「ライトコーディアル」があります。

いずれもクラフター製作可能なアイテムで、NQとHQの両方があり、リキャストタイムやGP回復量に違いがあります。

ここでは、特におすすめな「ライトコーディアルHQ」をご紹介します。

ライトコーディアルHQの性能

ライトコーディアルHQは、GP回復量が200と小さめですが、リキャストタイムが2分6秒と短めで、小回りの利くGP回復アイテムです。

通常のコーディアルはHQでもGP回復量350、リキャストタイム3分36秒とハイコーディアルの下位互換のような位置づけになっていますが、ライトコーディアルは「場面に応じてハイコーディアルと使い分ける」ことができるアイテムです。

例えば、漁師でペーシェンスを使って釣りをしているときに、「GP回復量は400もなくていいからもっとリキャストが短くなってほしい」と思ったことはないでしょうか。

また、採掘や園芸で収集品や未知・伝説素材を取っているときも、GPがいくらか足りないときに「400だと余るなぁ…」と考えながらハイコーディアルを割っている人はいると思います。

そのような場面でライトコーディアルを使うことで、ハイコーディアルの節約もでき、ギャザラーの効率もUPさせることが可能なのです。

ライトコーディアルの作り方

ライトコーディアルは錬金Lv50のレシピなので、かなり手軽に作ることができます。

必要な材料は、ミネラルウォーター×1、トリリウム×1、ガラゴミント×1、ブラッドカーラント×1です。

このうち、ミネラルウォーターとガラゴミントはリムサ・ロミンサのレストラン「ビスマルク」などのNPC販売で買うことができます。

ブラッドカーラントは園芸の採集で入手可能で、黒衣森:南部森林の「ロウアーパス」でLv40の草刈場で採集をすれば手に入るほか、ハウジングの栽培(畑や植木鉢)を利用して作ることもできます。

一番入手が大変なのはトリリウムで、黒衣森:東部森林の「十二神大聖堂」前にある未知の草刈場で採集するか、園芸リテイナーに取ってこさせることで入手できます。